埼玉県北本市で歯医者をお探しならインプラントで評判のもとき歯科へ
HOME>歯周病

歯周病

歯周病治療


歯周病治療とは?

歯周病は、歯の歯肉についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。


歯を失う最大の原因
35歳で80%以上の人が歯周病になっているという統計もあります。
ただこれは、35歳になってから突然、歯周病になるということではありません。
歯周病菌が10代の頃から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり浸食していきます。そして歯ぐきから血が出たり、ひどく歯ぐきが腫れたりという自覚症状がでる30代の頃に、歯肉炎・歯周炎となって現れるのです。
歯周病は虫歯と違い、痛むことが殆どないため早い段階で自覚症状を持つ方は多くありません。気付いた時には遅く、歯を抜くはめに…ということもありえる怖い病気なのです。


歯周病の悪化
歯周病の進行具合は、大まかに分類すると

歯肉炎

軽度歯周炎

中等度歯周炎

重度歯周炎

と分けられます。

多くの人は、「歯肉から血が出る」といった症状を感じてはじめて、歯科医院へ受診しに行きますが、このような症状があると、かなり進行している場合が多いのです。
ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。
50歳代で「自分の歯がほとんどない」ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心掛けたいものです。


歯周病全身に対する影響
アメリカの歯周病学会では歯周病が人の生命を脅かす病気だという研究結果を発表ています。更に歯周病の人は、心臓病の発生率が25%も高く、呼吸器系や糖尿病、早産の可能性が高いなど様々な身体への悪影響を及ぼしているのです。この原因としては汚れた口の中で菌が繁殖して、肺や血管など身体全身に入るためではないかといわれています。