埼玉県北本市で歯医者をお探しならインプラントで評判のもとき歯科へ
HOME>予防(PMTC)

予防(PMTC)

予防歯科の考え方
虫歯や歯周病は、生活習慣病のひとつといわれ、そうならないためには毎日のケアが非常に大切です。
そうはいってもなかなかそれに割く時間をとれない場合もあるかと思います。

また、注意してブラッシングやクリーニングをしていても必ず磨き残しがでてきてしまいます。毎日一生懸命歯を磨いて、治療にも時間をかけてきたのに歯が悪くなっていくという経験はないでじょうか。
逆に、特に熱心に歯磨きをしているわけではないのにが3ヵ月に1回程度の定期健診に通われている方のほうが、歯の健康状態が良い状態に保たれている場合が多くあります。それほど歯を良い状態でご自身で保つことは難しく、定期検診が大切になってくるのです。
予防効果
予防の大切さを頭ではわかっていても、まだ歯科医院に通うのは治療中心であり定期健診がなかなか定着しないのが日本の現状です。その結果、子供の虫歯の数は少しずつ減ってきいますが、先進国の中ではまだまだ多く、80歳における残存歯数はたったの5本と非常に少ないのです。

キシリトールで有名なフィンランドは、子供から大人まで定期健診がしっかり定着しています。その結果90%以上の子供に虫歯がなく、80歳での残存歯数は20本以上を維持しております。

これだけ定期健診による予防効果は高いのです。
予防歯科の内容
子供の定期健診
子供たちを虫歯にさせないようにするのは親御さんの役目です。
まず、虫歯を削るより進行をさせないこと。そして虫歯にならないよう予防して行くことが大切です。
もとき歯科医院では、3ヶ月に1回程度お子様の定期健診を行っています。歯のクリーニング(PMTC)、フッ素塗布歯ブラシ指導、そして歯列のチェックを行います。
予防処置には痛がありませんので、年齢の低い1歳位のお子様からでも安心して受けられます。

大人の定期健診
ブラッシングでは落とすことができない歯垢がある事は上記で記載しましたが、この歯垢はバイオフィルムと呼ばれ歯の表面に膜状にこびりついた細菌の塊です。
これが虫歯や歯周病の原因になります。
もとき歯科医院では、治療が終了した患者様に1ヶ月から3ヵ月に1回定期健診を行います。このバイオフィルムを除去するため、口の中のクリーニング(PMTC)を行うことでよりバイ菌をコントロールし、とても高い予防効果を維持しております。

PMTC
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、歯石や歯垢、歯の色素沈着の除去、またそれらを付着しにくくし、そして歯や歯肉を強化する事を目的としたクリーニングで特別な器械、器具を使い歯肉、歯の表面、歯と歯の間を1本づつ丁寧に磨きあげていきます。
もとき歯科医院では、歯科衛生士が担当して行います。

フッ素塗布
フッ素塗布を行うことで、歯の再石灰化を促進し、初期のムシ歯なら自然に再修復してくれるようになります。
そして歯の質を強化させて細菌の働きを抑制する事で、とても高い虫歯の予防効果が期待できるのです。
フッ素塗布は定期的に行わないと効果がないので、6ヵ月ごとに行う事をお勧めします。
そまたフッ素入りの歯磨き剤で毎日ブラッシングを行うこともお勧めしています。