埼玉県北本市で歯医者をお探しならインプラントで評判のもとき歯科へ
HOME>小児歯科治療

小児歯科治療

小児歯科
成長と歯の変化の様子
お子様の身体は日々成長しており、それに伴いお口の中も変化しているのです。
もとき歯科ではお子様一人一人のお口の成長に合わせたアドバイスをお子様やご家族の方にできたらと考え、日々診療を行っております。








乳児期
乳児期は哺乳、離乳を経て、幼児食へと移行し、食べるという最も大事な機能を学んでいく時期です。
大体生後6ヶ月から乳歯も生え始め、お母さんお父さんの仕上げ磨きが必要になり、栄養も考えた間食も必要になる重要な時期です。
よちよち歩きを始めたり、好奇心が多くお口の中にものを入れたりして、お口のケガも多い時期ですので注意も必要になってきますね。






幼児期(乳歯列期)
歯が生え揃い、色々なものを食べ始める時期です。
またこの時期は奥歯の溝や、歯と歯の間に虫歯が増え始める時期なのです。
赤ちゃんの頃に見られた習慣や癖(指しゃぶり、おしゃぶりなど)を終わりにしないと、歯並びに悪影響が出始める時期でもあるので注意が必要です。


学童期(混合歯列期)
大体小学校1年生~6年生くらいの間に乳歯が抜けて、永久歯へと生え変わる時期です。
お母さん方にあまり知られていませんが、歯並びの異常や、虫歯の出来やすい最も危険な時期でもあります。










中高生(永久歯列期)
いよいよ永久歯列が完成します。ここまできてしまえば一安心ですが、中高生は生活習慣が最も乱れやすい時期でもあります。
そのため、虫歯をはじめ、歯周病(歯ぐきの病気)にも注意が必要になります。
また、顎の関節の異常も見始められる時期です。










歯医者さんって本当に怖いもの?
小さいころ、「歯医者さんは怖いもの」とそう思っていませんでしたか?
そして、歯医者さんが嫌いになってします・・・。
なぜでしょう?
それは、「虫歯の治療が痛く、怖いから」です。そうならば、大切なお子様の歯を虫歯にしなければ、きっと歯医者さんは嫌いになることはないのでしょうか?


「永久歯列で虫歯ゼロ」それが当院の目標です!
カリエスフリーという言葉をご存知ですか?
むし歯になっていない歯がこれから虫歯にならないように、また、乳歯に虫歯があっても上手に生え代わりを利用して虫歯のない大人の歯並び・・・「永久歯列」を作っていくことです。


そのためには・・・
カリエスフリープログラムを行っていきましょう。
1、    お子様に歯医者に慣れてもらい、身近なものにします。
「歯医者は怖い」という思いをもたせないように、楽しく診療台に座り、お口の中に興味を持ってもらいます。

2、    お口の中に合わせ、メンテナンスを行います。
お口の中の状況によって、メンテナンス期間を決め、ご来院頂きおそうじをしていきます。
自宅では取りきれない虫歯の原因菌をしっかりと落とし、虫歯になりにくい口腔内環境にします。

3、    フッ素塗布・シーラント・レントゲン撮影を行います。
歯を強くするために3ヵ月に一度フッ素塗布をし、歯の溝の虫歯を防ぐためにシーラントという処置をします。
そして虫歯を早期発見するために、目で確認することのできない場所のレントゲン撮影を行います。

4、    きめ細かい歯磨き指導を致します。
「たかが歯磨き」と思われがちですが、とても大切です。お子様、保護者様がわかりやすいように、染め出しなどをしてお話させて頂きます。その際には、ご家庭でお使いの歯ブラシをお持ち頂きますので、ご協力をお願い致します。

※すべて保険治療内での診療となります※