埼玉県北本市で歯医者をお探しならインプラントで評判のもとき歯科へ
HOME>審美治療

審美治療

審美治療
審美治療とは?
歯並びや歯の自然な白さ、歯肉の形態・色、そして顔全体のバランスをとって口元を綺麗にみせることです。またそれらが出来ていなければ本当に健康的で美しい笑顔をつくることはできません。
そのために、もとき歯科ではクラウンやラミネートベニヤだけではなく、 時には外科的処置も組み合わせて治療を行っています。




オールセラミックスクラウン、ジルコニア、ブリッジ
大きな虫歯などで削ってしまった歯の全体をセラミックでかぶせる方法です。歯の色を白くするだけではなく歯並びを治すことができます。歯の 色は天然の歯と見分けがつかないほど自然で、強度も強く、アレルギーを起こしにくく、 体にやさしい材質でできています。最近では金属に代わる材質のひとつとして、ピュアジルコニアといわれる素材ができました。
ピュアジルコニアはより強度が強いため、ブリッジにも対応できるものです。
次世代のオールセラミックスシステムです。


ハイブリットレジンクラウン、インレー
上記の材質はプラスチックでできていますが、今までのプラスチックとは異なるものです。プラスチックの欠点であった強度の弱さ、 色の変色、劣化が大幅に改善され適度なやわらかさがあり、破折することが少ない材質です。
透明感は少ないですが、セラミックスと比べるとリーズナブルな価格でお気軽に試して頂きやすいです。


ラミネートベニア法
歯を白くするホワイトニングの効果が得られない変色歯などに対して行う治療です。歯の表面を一層だけ削って、 薄いセラミックを貼り付けることで変色した歯を理想の色にする事ができます。
歯を削るというと驚かれる方もいらっしゃいますが、最小限で済むため、ダメージも少なくて済みます。